2017年05月14日

ぽんずの地元自慢!

1d1b13f7.jpg
おはこんばんちはよう。
竹原です。ぽんずです。

タイトルだけ見ると調味料の紹介ですな。

そうではなく、地元〜♪なわけで、和歌山県は新宮市。
東京から新幹線、在来線を乗り継いで、わずか5時間半のところ。
熊野川を渡って、三重県との県境、桃鉄だと物件は、さんま寿司、めはり寿司、ヨシノスギ林、ここが地元。

年に一度は帰っとります。写真は去年の10月頃帰った時のやつ。

新宮といえば、、、、
熊野三山の一つ「熊野速玉大社」。世界遺産になった「紀伊山地の霊場と参詣道」、熊野古道と言われてるやつの一部があったりしてね、「熊野本宮大社」、「熊野那智大社」に比べて、あまりテレビでは見かけない神社ですけど、由緒正しい神社。
お祭りもありますよ。

でっかい扇を奉る「扇立祭」、手漕ぎの船で競争「御船祭」。

。。。。地味。

いや、派手な祭りもありますよ、「御燈祭り」。火が付いた松明を持って急な階段を走り下りるお祭り。

。。。まぁ、これは「神倉神社」ですから、新宮市内の違う神社ですけど。。


うん、ベタな田舎だな(笑)。

ただね、ベタな田舎ゆえに帰ったらすごくのんびりできるんです。
東京より早いのは、会話のスピード位ですかね。
言葉をかえてるつもりはないけども、地元帰ると若干変わりますな。語尾やら、強調したりが。ちょっとした変化でテンポがあがって、親戚あつまると、早い早い。

でも畑、田んぼ、海、山、川、昔からのお隣さん。
のんびりできる環境は、昔と変わってないなぁ。

そんな環境だったから、学校周りでやってきた劇団さんのお芝居をみて、刺激を受けすぎて、あこがれて、今、お芝居をやってるんですけどね。
自分が受けた刺激を、お客さんにも感じてもらえるようにと、毎回地元に帰って初心にかえります。
そう思わせてくれる地元に感謝!!

時間もかかるし、何を楽しめばよいか難しいかもしれませんが、是非一度、行ってみてくだされ。
良い所です。


追伸
新宮から20分も車で走ると、マグロがおいしい料理屋とかがありますよ。
3時間くらい車で走ったところには、パンダがいますよ。
屋外を歩き回ってますよ。

不思議都市、和歌山を御贔屓に。





トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 着物広げてみました
  • 着物広げてみました
  • 宮島愛美〜12期自己紹介編!〜
  • 向井沙織〜12期自己紹介編!〜
  • 渡邉智美〜12期自己紹介編!〜
  • 手嶋一也〜12期自己紹介編!〜
  • 12期後期入団を祝う会〜こんな感じでした〜
  • 12期後期入団を祝う会〜こんな感じでした〜
  • 12期後期入団を祝う会〜こんな感じでした〜
バトルロイヤル公演第十一弾!
IMG_6692

バトルロイヤル公演第十一弾
「響−幕末鎮魂歌−」
原作:山口敦史
脚本/演出:清水みき枝

日程:2017年9月17日(日)〜18日(月・祝)
劇場:中板橋新生館スタジオ

<ご来場ありがとうございました!>
★今後の活動★
○ThreeQuarter第15回本公演『旗裏縁−本能寺異聞−』
日程:2018年2月10日(土)〜12日(月・祝)
劇場:萬劇場(大塚)
原作:山口敦史
脚本・演出:清水みき枝

○ThreeQuarterワークショップ「♭1〜役者への道」
次回募集:2018年1月ごろ予定
ThreeQuarter#1活動報告
IMG_6692


@萬劇場
ショートストーリーコレクション Vol.6
「こんな夏休みはイヤだ!」
に参加しました。

ThreeQuarter♯1
『うらぼんえ〜盆送り〜』
作/演出:清水みき枝
2017/8/10〜13

関連記事
公式HP詳細
Recent Comments
Profile
四分の三の着想
スリークウォーター
演出 清水みき枝Blog